クレジットカードの現金化は還元率を確認しよう

menu
HOME » 安心して現金化するには » クレジットカードの現金化は還元率を確認しよう

クレジットカードの現金化は還元率を確認しよう

クレジットカードの現金化を利用するとき、必ず確認しておきたいのは還元率です。
還元率とは、実際に使ったショッピング枠のうちの何%が現金となって返ってくるかを表したもの。
コレを確認してから現金化を試すのが大事ですね。

まず、ショッピング枠を換金すると、実際に使った金額より少し目減りすることを確認しておきましょう。
たとえば5万円分のショッピング枠を換金すると、実際に現金として手に入るのは、だいたい4万円前後となります。
もちろんこれは換金の途中で目減りした結果ですから、実際に使ったカードの金額は、最初に使った金額になります。
さっきの例では、実際に手にできる現金は4万円ですが、カードの使用金額は5万円となり、カード会社からも5万円の返済を請求されます。

このように、クレジットカードのショッピング枠を現金化すると、実際に使った枠の全額が現金になるわけではありません。
では実際にいくら現金が手に入るのか、それを表しているのが「還元率」なんですね。
先ほどの例、5万円使って4万円の現金に換金できたという例なら、還元率は80%です。
使ったカードの金額の80%が現金として返ってくるという条件です。
最初の使用金額が変わっても同じで、カードの使用金額の80%が現金として戻ってきます。

この還元率ですが、業者や使用する方法によって変わります。
たとえばある業者では80%の還元率だったとしても、ほかの業者だと85%だったり、逆に75%だったりといった例もありますね。
現金化のために同じ金額を使っても、還元率が違えば実際に手にできる現金の金額も変わります。
このサービスを使う以上、必要としているのは現金でしょう。
具体的にいくら手に入るのか、還元率によって大きく変わりますので、利用前にはこの条件をしっかり確認してください。

還元率は各換金業者が事前に教えてくれますし、HPなどにしっかり書いてあることも多いです。
できるだけたくさんの現金を手に入れたいと思うなら、少しでも高い還元率の業者を選ぶといいですね。