クレジットカードの現金化を使える回数

menu
HOME » 安心して現金化するには » クレジットカードの現金化を使える回数

クレジットカードの現金化を使える回数

クレジットカードの現金化は、キャッシングサービスとはまた違う形で現金を入手する方法になりますが、使用回数に制限はあるのでしょうか?
制限があるなら、ここぞという場面で適切に使いたいですよね。
安心してコレを使うためにも確認したいその回数制限ですが、特にないことが多いです。
もちろん業者の方針によっては、「1か月の利用は○回まで」という制限がある可能性はありますが、そのときでも別の業者に行けば同じように現金化できますね。
つまりどんな方にも当てはまる、具体的な回数制限はないことが多いんです。

ただ、無限に現金化できるわけでもありません。
大事なのは回数よりも使用金額の方です。
これによっては、クレジットカードの現金化がしばらくできない場合もあります。

このサービスの仕組みは、各カードに設定されているショッピング枠を換金するというもの。
ショッピング枠には、金額に上限があるのが普通ですよね。
たとえば50万円の枠なら、合計50万円までなら現金ナシで支払いができます。
業者でこれを換金するときも使っているのはいつもと同じ枠ですから、金額の上限も同じです。

50万円の枠なら、業者で最大50万円まで使って現金化できますが、この枠を使い切った場合は、しばらく換金できません。
換金したくても、肝心のショッピング枠を上限ギリギリまで使っている状態では、一度カード会社に返済をして枠を空けない限り、追加の使用ができないからですね。

このように、業者で現金化できる回数は、このショッピング枠の累計使用額も大事です。
一度に上限金額ギリギリまで使って、その何割かを換金すれば、その1回限りでもう当分は現金化できなくなります。
50万円近い枠がある中、1回1万円ずつ換金するなら、合計50回はサービスを使える計算になりますね。

ちなみに、これら業者で換金すると、換金手数料を天引きして現金を支払われますから、実際に使ったショッピング枠より少し少ない金額となります。
実際の使用金額と感覚がずれやすいですから、現金化のためにいくら使ったのかは、カード会社の明細などを見て確認してください。
まだショッピング枠に空きがある限り、クレジットカードの現金化は何度でも可能です。