消費者金融とクレジットカード現金化の関係

menu
HOME » 安心して現金化するには » 消費者金融とクレジットカード現金化の関係

消費者金融とクレジットカード現金化の関係

クレジットカードでのサービスと、消費者金融のサービスは、どちらも「借金」という点で共通です。
そのクレジットカードの現金化は、現金そのものを用意する手段ということで、消費者金融のキャッシングと似ているように感じるでしょう。
ですから間違えないように気を付けてください。
ショッピング枠の換金と、貸金業者やそこが提供するサービスとは、まったく別物です。

コレをしっかり確認しておきたい理由は、消費者金融などの業者にクレジットカードの現金化を頼んでも、応じてもらえないことが多いからです。
カードのショッピング枠を換金してくれる業者は確かにいるんですが、それは消費者金融とはまったく別の業者です。
だいたいはその換金の仲介そのものを主な業務としており、その他の貸金業などはやっていない場合が多いです。
ショッピング枠の換金は、貸金業とは似て非なるサービスなんですね。

これら業者がやっているサービスの仕組みを見ると、やはりこれが貸金業とは違うことがよくわかります。
これの利用を申込みすると、まずは何かの商品を販売してもらえます。
これをクレジットカードのショッピング枠を使って利用者が購入します。

ショッピング機能とは、利用者が保留している現金の支払いを、カード会社がいったん立て替えてくれるサービスなんです。
ですから、これら仲介業者でカード決済すると、カード会社から商品代の立替金が業者へと入金されます。
このお金を、仲介手数料分を引いて利用者に返してくれるのが、これら業者のサービスです。
利用者に渡されているお金はその業者が出したお金ではありませんので、貸金業ではないんですね。

コレに対して、貸金業者である消費者金融は、自らが持っているお金を利用者に直接貸してくれます。
返済ができないと困りますから、利用前には審査があり、返済力が高い方だけの利用になる点が、クレジットカードの現金化と違う点ですね。

このようにクレジットカードの現金化と消費者金融とは、全く別のサービスになります。
ショッピング枠の換金を業者に仲介してほしいと思ったら、それを専門にしている業者を探してください。
ネットなどでクレジットカードの現金化と検索すれば、その業者が見つかることが多いです。