現金化できるクレジットカードの金額の計算方法

menu
HOME » 安心して現金化するには » 現金化できるクレジットカードの金額の計算方法

現金化できるクレジットカードの金額の計算方法

クレジットカードを現金化すると、使ったショッピング機能の金額と、実際に手に入る金額とに差が出るのが普通です。
つまり、実際に使った金額よりも少ない金額を受けとることになるんです。
しかし現金を必要としている中、使ったカードの金額に対していくら現金が返ってくるのか、わからないと不安ですよね。
実際に返ってくるその現金の金額の計算方法をご紹介します。

ちなみに計算はとても簡単です。
日常生活でよくやる暗算でも十分にできるレベルですので、計算が苦手な方でも大丈夫ですよ。

まずこの換金の仕組みですが、実際に使った金額の何%かが現金として返ってくる場合がほとんどです。
クレジットカードの現金化業者を使うと、ほぼこの形になります。
各業者で換金率が表示されていますので、まずはコレを確認してみてください。
よくある換金率は、80%前後です。
これは、その業者で使ったショッピング枠の金額のうち、80%を現金として返してくれるという意味です。
残りの20%は業者の取り分となり、それがこのサービスの利用代金になります。

例をご紹介しましょう。
換金率80%の現金化業者で、クレジットカードのショッピング枠を10万円使ったとします。
この10万円のうちの80%が現金として戻ってきますので、実際に手にできるのは「8万円」になります。
換金率で現金化される金額が決まるなら、最初に使う金額が変わっても、割合は同じです。
同じく換金率80%なら、100万円使えば80万円が戻ってきますし、1万円使えば8千円です。

具体的な計算方法ですが、%の数字を小数点に直して、使用金額とかけ算する形になります。
換金率80%、使用金額10万円なら、「0.80×10万円」で、答えが「8万円」となります。
換金率が85%なら「10万円×0.85」となり「8.5万円」となりますし、換金率75%になれば「10万円×0.75」となり「7.5万円」となります。

このように、実際に手に入る現金の金額は、計算方法さえわかれば簡単に計算できます。
実際に手に入る金額がわかれば、安心して使えますね。